ワンマンセッション

とりあえず、ですね。
まあなんでもありなんじゃないかと理解した。

「久しぶりに、『私の歌でも聞いてみますかー?』」


踊ってる連中はそれはそれでいいし。

「みんな知ってるかもしれない話ですけれど。

 『妖精と冒険者』の話。

 最近の話ですよ。


 まあ、事実そのままとは思うな、ですけどね。」


テナーとプッカ。後、妖精たちには真相がわかるかもしれないが。
そんなことは気にしてもしょうがないし。どうでもいいや。

一応、大袈裟にはするし。そもそも、ねー


「『ちょこっと前の話だぜ?。

 お前ら皆知ってるかー!

 お前らに関わってたんだぜー』


うん、
別に知らなくても良いんだけど・・・

***


『ねえ、お兄ちゃん。あの人と踊らないの?』


「は?え?
 別に俺とあいつが踊るとか。
 何でお前が気にするんだ。」

というか、後で誘うかもよ。そうだね、

『私と踊りませんか。』ってね。」

「そもそも、村の女の子たちを誘った後じゃないと失礼じゃないかなぁw
 だろ?


 まあ、お前は昔馴染みばかりだからな。
 気にしないよ。あいつらみたいな・・・いやいや」

 あいつらだって、そういう仲じゃないかも知れないし。

「でもまあ、そうだね。残念ながら

 今はまだ、ちょこっと誰かを私が誘う雰囲気じゃないかも知れないね・・・」


PL
ものすごく日和見で終わりそうなのですが。
今回はこれでもいいかなあと思いました。

妖精ともっと関われば良いのにねーと思われますがw
結果こうなあったみたいな感じで。

多分そうなんですよ。

...ちゃうねん。これで終わりとか思うなよ_?(多分終わりです