新たなる姿になりて、光り輝け

「わははー!
 いいぞ禿ー!」


「こらこら、だれがハゲだってんだ、だれがぁー」

一緒に汗を流した連中だ。気心も知れている、俺も笑いながら、投げかけられた言葉に反応する。

すると、

「俺もいっそのことつるっパゲにしちまった方がいいかなあ」
「そりゃあいい。
 中途半端に隠しやがって、気になるんだよおめえは」
「俺、そうするぜ。
 ハンスを見ていて目が覚めた気分だ!」
「ようし、なら善は急げっていうしな、おい、ナイフねえかナイフ!」
「え、今?」
「そうだよ!ホレ、観念しな!」
「ぎゃあああああ」


(うん、こいつら馬鹿だな。ま、俺も馬鹿だけど)

「よーし、俺がコイツ押さえとくから、
さっさと剃っちまおう♪」

俺の両手両足で相手の同じく両手両足を押さえ込んだ。

「きっと男っぷりが上がるぞー!ぐはははははー」

俺は高らかに笑った。

-------------------------------------------
PLより
よーしアルト村をスキンヘッドでイッパイにしよーー!!

うん、それは駄目ですね(*゚ー゚)b