還る前に...

死屍累々って感じでもなく、ある程度ちゃんとみんな帰っていったな。
まあそのまま寝てる連中も、この時期だ。大丈夫かな。


『妖精たちも楽しんでくれたのかな。』


そうだといいが。
・・・視界に入ったかもしれない連中は十分楽しんだはずだけど。

 

「まあ、プッカや他にも沢山いるからな。
 楽しいことには事欠かないんでしょうねぇ・・・」

 

いつも、というにはサイクルが長いけど。
やっぱりね、私の事を知っている連中に会いに来るのはいい事だ。


『あの樹』の方角を向いて、夜を過ごした...
はずなんだけどねぇ。

***

「おはようございます!なんでしょう、この違和感は。」

顔がごわごわしています。
誰かにいたずらされたんでしょうか。

お酒を過ごしたわけでもないのに、不覚です。
っていうか、いつのまに寝たんだ私は。

 

「リスの足型?」


手鏡で確認してみた。
っていうか、プッカでもないだろう。


...謎が残った。


『また来る理由ができたようですね・・・』

あえてフェアリー語で。
やったのは、誰なんだろうねえ・・・

 

「思ってるより、楽しいですね。

 私を出し抜く連中がいるとか、本当に・・・」


オランに帰ったあとも、気になるかもしれませんね

 

PL
どこかで腹を出して寝てる妖精さんにやられたとか
色々考えたけど、まあ何でもいいっす。


リスの足跡を残した誰かが特定されないほうが良いのです。
また来る理由を一つ増やして見たかったのです。


...冒険者の皆さんでも構いませんよ_?とは思うんですけど、ええw