さよなら、ワールドエンド

ようやく力が戻り、立ち上がる。
細かな傷はたくさん受けたが、大きな問題ではない。

「ガラフ、ありがとう。
 あんたが守ってくれたおかげで、私もルーシィも助かった」

戦友に礼を述べる。

そこへ、礼拝堂からカーツとジェノが戻ってきた。
「カーツ! ジェノ! あんた達も無事で良かった!」

>「二人とも、よく頑張ってくれた...ありがとう」

「あんた達こそ、よく頑張ったよ。間に合ってよかった」

ジェノとカーツをねぎらった。

我々を襲ったフェザーフォルク達の体が、さらさらと崩れていく。

周囲に満ちる声は、
さきほどの狂ったヒューリーの声では無い。
心が洗われるような、ありがとうの声、声、声――

これが、彼らの望んだ"開放"なんだな...。

しかし気になる――地鳴りが収まらぬな...。

>  """ありがとう"""

「ルーシィ...!」

目の前の彼女は狂気から解き放たれ、あの笑顔が戻っていた。
涙にぬれる彼女は神々しさすら感じるものだった。

>「これを」

差し出したのは、あの短刀。
私を傷つけ続けたそれは、繊細な細工の施された美しいものだった。

>「私から差し上げられる、あなた方が価値を見いだせるであろう物は、これくらいです。」

「...義理堅いんだな、あんた...」

面映いような、くすぐったいような、そんな微笑。
彼女の身体は崩れ続ける。だけど、悲壮感はない。

これで、良かったのだ。

>「ヒューリーに取り憑かれたままでしたら、このまま彷徨う存在になり果てていたやもしれません。
> ありがとうございました」

「私も、あんたを狂ったまま楽にするには、忍びなかったんだ。
 頑張った甲斐が、あったな」

翼を広げるルーシィはそのまま天へ昇り。
光を抱いて、さらさらと消えた。

>「・・・・・ジュリアンさんに、会えたんだね」

>「あぁ......後であの森に寄って見よう」

「そうだな...」

カーツとジェノの言葉に、静かに頷き、
受け取った短刀の柄を、そっと握り締めた。

しかし、いつまで経っても地鳴りは止まらない。
巨人のせいではないのでは...と思い出した時

>「川を下るのです」
>「お早く」

いつの間にか現れた、二人のフェザーフォルクの少年。

>「同胞を、母を、父を、解き放っていただき、感謝の言葉もありません」
>「川を下り、滝を抜けると番人の巨人がおります」
>「彼は誠実な巨人です。
> 人の街に帰るのに手を貸してくれるでしょう」

そういう間にも、水が溢れ出した。

「感傷に浸る間もないのか!」

毒づきながら、走るしかなかった。

振り向くと、『楽園』は――偽りの聖母が創りだした無慈悲な実験室が沈んでいく。
そこであった悲劇も、嘆きも、苦しみも、何もかもを呑み込んで。

「ああ、それでいいんだ!」

全てのものは、死に至る。
壊れぬものはない。
変わらぬものはない。

だけど嘆く必要なんてない。
それが、彼らの望んだ『真実』ってやつだから。

魔法で歪められた偽りの楽園は、本当の墓所となって、
清らかな湖の下で眠るんだ。

私は歌おう。
この物語の顛末を。
彼らの嘆きを、心を忘れぬために。
それが、詩人の務めなのだから。

「しかし、巻き込まれるのはごめんだ!」

飛び込め、と指示された川は――

「滝じゃねえかああああああ――――!」






ざっばーーーーーーーん!






フェザーフォルクの少年が、尽力してくれたことには感謝する。
にしても、非力すぎたな――。

水をしこたま飲みつつも、もがきながらようように水面へと顔を出す。
「ガラフ!ガラフを――!」

金属鎧のドワーフを助けなければ!
水中へと手を伸ばそうとした瞬間、思いも寄らぬ巨大な手が水中に伸び
そのままガラフを掬い上げた。

口をあんぐりあげたまま見やると、複数の手を持つ巨人。
「あれは――」
味方だと知らされてなければ、パニックに陥るところだった。

そして見つける、仲間達の顔。
「パム! ジェノも無事で良かった!」

手を振り、セリトを探して頭を巡らせて。

「あーはいはい、心配して損したな」
リーダーとカーツに、はははっと声を上げて笑いかけた。


PL>
一気に書いた!
短刀謹んで拝領いたします。
希望する方に差し上げてもよいのよ